高血圧改善ガイド » 注意すべき高血圧の自覚症状とその対策 » 頭痛

頭痛

高血圧が原因で頭痛が起こることがあります。

そのシステムや対策方法について詳しく調べてみました。

ほうっておかないで!危険な高血圧の頭痛

頭痛に悩むおばさん

高血圧ははっきりと自覚できるような目立った症状が少ないもの。

早期発見するためにも病気のサインを見逃さないようにしたいところですが、そんな高血圧の症状として比較的に頭痛を感じることが多いという報告があります。

そもそも頭痛は肩こりや寝不足などでも起こるため軽視されがちなのですが、高血圧から来ている場合もあることを覚えておくと良いでしょう。

一般的に頭痛は何らかのきっかけで脳の血管が広がり、神経を刺激することから起きると言われています。

これが高血圧の場合には少し事情が違ってきます。

仮に血圧が上昇したとしても、人の体には脳の血流を正常に維持するシステムが備わっているので本当であれば高血圧で頭痛は起きないはずなのです。

それなのに頭痛が起こるということは、脳内に動脈硬化などの障害が生じている可能性があることを示しています。

つまり高血圧の人で頭痛を感じる場合には高血圧性脳症や脳出血など重大な病気のリスクをはらんでいてとても危険なのです。

頭痛は高血圧症状の1つではありますが、高血圧の人の頭痛には十分な注意を払いましょう。

高血圧性脳症に最大限の注意を!

急激な血圧の上昇や長期間にわたる悪性の高血圧の場合、代謝異常などによって脳に水分が溜まり、「脳浮腫」という脳のむくみを起こすことがあります。

このとき神経が刺激されて頭痛を感じるようになります。

脳浮腫によって頭蓋内圧が上昇することを「高血圧性脳症」と呼び、特に早朝に頭痛が起こりやすい傾向があります。

吐き気や嘔吐を伴う場合もあり、頭蓋内圧の上昇が続くと痙攣や意識障害、視力障害を起こしてとても危険です。

放置すると心臓や腎臓などにも致命的な影響を及ぼすので、こういった症状が現れたらすぐに病院で治療を受けることをおすすめします。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。