高血圧改善ガイド » 注意すべき高血圧の自覚症状とその対策

注意すべき高血圧の自覚症状とその対策

高血圧の自覚症状にはそれぞれ特徴が。なぜその症状があらわれてしまうのかを詳しく解説しています。症状の特徴を見極めて適切な対策をとるようにしましょう。

症状が顕著にあらわれている場合は、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

勝手な自己判断と過信は禁物!

自覚症状が少なくサイレントキラーと呼ばれている高血圧ですが、全くないというわけではありません。

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、むくみ、胸の痛み、しびれといった高血圧によくある症状が見られることがあります。

ただし、こういった症状はほかの病気や疲労、ストレスでも起こることから、すぐには高血圧とつながらずに見逃されることも多いのが現実です。

高血圧によって自覚症状のある場合は、実際には高血圧そのものよりも合併症の症状が現れている場合がほとんど。合併症を起こすのはかなり高血圧が進んでいる証拠で、しかもその中には命に関わる危険な病気もあることから細心の注意が必要になります。そうなる前に、どうにかしなければいけません。

高血圧の症状として挙げられる頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、むくみ、胸の痛み、しびれなどなど。

これらの症状は、高血圧に限らず他の病気の症状としてもあらわれるもの。勝手な自己判断や過信をくだすことなく、血圧を測定してみたり医師にもとを訪れてみましょう。

当サイトでは高血圧を早期発見するためのセルフチェックリストも用意してあるので活用してみてください。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。