高血圧改善ガイド » 高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ » 腎不全

腎不全

悪循環を生み出しやすい腎臓の疾患、腎不全と高血圧の関係、原因や症状をリサーチしてみました。

高血圧による動脈硬化が腎臓の血管に悪影響

腎不全とは腎臓の機能が低下して、正常な動きをしなくなってしまった状態。急性腎不全と慢性腎不全の2つがあります。

急性腎不全は薬剤などが要因となって、突然腎臓の働きが低下してしまいますが、きちんと治療を受けることで、かなり回復することができます。

対して慢性腎不全は、慢性的な腎臓病がどんどん悪化して、腎機能が低下していく病気です。

腎臓と血圧は切っても切れない関係にあります。

腎臓の働きが悪くなると体内の余分な塩分や水分の排泄ができなくなり、血液量は増加して血圧が上がってしまいます。

さらに、血圧が高くなれば腎臓への負担も増し、ますます腎機能が低下するといった悪循環に陥るのです。

つまり腎機能を低下させないためには血圧をコントロールすることがとても重要になります。では、そのメカニズムをもっと詳しく解説しましょう。

腎不全の対策

体内に生じる老廃物は、血液により腎臓に集められ、腎臓にある網目状の構造をした「糸球体」で濾過され、尿として排出されます。

ここでポイントになるのがこの腎臓の濾過機能では、糸球体にかかる血液の圧力によって調節が行われていることです。

腎不全などを発症すると、この血液を濾過する糸球体の網目が詰まることが多くなり、濾過機能も低下します。

そうすると体は血液による圧力を強めて、どうにかして濾過を行おうとするのです。こうして高血圧は起こります。

その逆にもともと腎臓に障害がなくても、高血圧が長く続いてしまうと糸球体の細い動脈に動脈硬化が起こり濾過機能が低下、腎不全を発症するケースもあります。

このような悪循環を生みださないためにも、高血圧や腎不全のどちらかを患っているようなら、血圧の測定と腎臓の状態を知ることのできるクレアチニン値測定の両方を受けてみましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。