高血圧改善ガイド » 高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ » 腎硬化症

腎硬化症

高血圧を放置していた場合に発症する腎硬化症について、原因や症状を詳しく解説します。

高血圧と腎硬化症の関係

腎硬化症は主に高血圧が原因で腎臓の血管に動脈硬化を引き起こすこと。

腎臓に障害をもたらす疾患で、高血圧の状態が長期間にわたると腎臓の糸球体へ血液を送る細動脈に圧力がかかり、血管内の細胞もそれに応じて増殖し、血管の中が狭くなります。

たくさんの血が必要な糸球体で血液がスムーズに流れなくると、少しずつ糸球体は硬化して腎機能は低下。

慢性腎不全に陥ってしまいます。慢性腎不全とは、慢性的な腎臓の病気が少しずつ悪化して腎機能が悪化していく状態。

腎硬化症で慢性腎不全になった場合は同時に腎臓以外の動脈硬化も進行していることがほとんどのため、命に関わる心筋梗塞や脳卒中など発症も危険性が高まります。

腎硬化症の症状と検査でわかること

腎硬化症は高血圧と同様に自覚症状はほぼなく、血圧も降圧剤を飲んでいれば落ち着いているため、気づきにくい合併症だと言えます。

検査を受けた場合はどうでしょう。

眼底検査では高血圧や動脈硬化の症状がある程度であれば判定できます。

尿検査では腎硬化症の場合に尿蛋白が少し認められます。

ただし、このときの尿蛋白は陰性の場合も少なくないのです。

そこで腎硬化症の検査で一番有効なのが血液検査での「クレアチニン値」測定です。

クレアチニンの検査は、酵素を使った試薬を血液に加え、色の変化で調べます。

クレアチニンは腎臓が正常に機能していれば尿として体外に排泄されますが、腎機能に障害が起きていると逆に血液中のクレアチニンが多くなります。

血圧に変動が見られたり脱水症状を起こした場合などには腎臓への血流が急激に低下し、クレアチニン値も急に上昇します。

腎硬化症を発症すると高齢になったときに透析が必要とることも少なからずあります。

そうならないためにも高血圧の疑いが少しでもあればすぐに改善を目指すようにしましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。