高血圧改善ガイド » 高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ » 動脈硬化

動脈硬化

高血圧を放置しておくと心臓に負担となる動脈硬化を起こすリスクが高まります。

原因や症状を知っておきましょう。

高血圧と相互関係にある動脈硬化

高血圧と動脈硬化は成人病を代表する疾患であり、お互いに深く関わりあっています。

高血圧が続くと動脈硬化を起こしやすく、一方で動脈硬化があると心臓に負担がかって高血圧になりやすいのです。

動脈硬化はその名の通り動脈が硬くなり、壁も厚さを増すことで、そのため血管の内側は狭くなり血流への圧力が大きくなってしまいます。

動脈についてさらに詳しく説明しましょう。

動脈の壁の構造は内膜・中膜・外膜の3つ層に分かれてます。

内膜は内皮細胞からできている一層の膜、中膜は筋肉でできている層、外膜は結合織細胞から作られた支持組織です。

本態性高血圧を発症すると中膜の筋肉の層が厚くなって血管の中が狭くなり、血流への抵抗が大きくなって血圧が上昇します。

これをば細小動脈硬化症と言います。

知っておきたい動脈硬化の種類

一般的に動脈硬化というと、細小動脈硬化よりもむしろ粥(じゅく)状硬化のことを指す場合がほとんどです。

粥状硬化は動脈の内膜にコレステロールがたまって壁が厚くなっている状態です。

年齢を重ねると誰にでも起こりますが、その程度には個人差があります。

この粥状硬化が現れると、最大血圧だけ高いという高齢者の高血圧の特徴が見られるようになります。

粥状硬化は高血圧があると発生しやすく、本態性高血圧だと粥状硬化も加わって始めは最小血圧だけが高かった人でもやがて最大血圧も上昇していく傾向があります。

粥状硬化が原因で起こった高血圧も降圧剤や生活習慣の改善で血圧を下げることができ、脳卒中や心筋梗塞なども予防が可能です。

生活習慣の中でも最も大切なのが、食生活の改善。必要な栄養素を効率よく摂取しましょう。高血圧予防の食事というと難しく聞こえてしまうかもしれませんが、今日の食事からはじめられる、簡単な工夫もありますよ。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。