高血圧改善ガイド » 高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ » 狭心症

狭心症

高血圧を放置することで起こる狭心症と、その原因や症状について詳しく解説します。

2種類に分けられる狭心症の種類

狭心症は、心筋に酸素を送っている冠動脈の動脈硬化などを原因として、胸の痛みや胸部の圧迫感なをが起こる病気。

虚血性心疾患の1つで、完全に冠動脈が閉塞してしまったり、心筋が壊死してしまった場合には心筋梗塞へと移行します。

狭心症は症状によって2種類にわけることができます。

1つは体を動かしているときに起こる発作で、「労作性狭心症」と呼ばれます。

労作性狭心症は、主に動脈硬化などで冠動脈が狭くなり、運動した際に心臓の筋肉が酸素不足に陥るのが原因だと考えられています。

労作性狭心症では早足で歩いたり、坂道や階段を上ったとき、また物事に興奮したときなどに見られる症状で、胸の中央が締めつけられたり何かを押し付けられているような圧迫感が特徴です。

痛みは胸だけでなく、左肩や腕やアゴにまで広がることがあり、ときに息切れすることも。

持続時間は数十秒から数分ほどで、これよりもっと短い場合もあります。

高血圧によ動脈硬化が進むことで狭心症の症状は重くなってしまいます。

日々しっかりと血圧をコントロール気して、狭心症のリスクを減らしていきましょう。

もう1つの安静時狭心症は睡眠しているときや動かず静かにしているときに起こる発作で、冠動脈の痙攣が原因とされています。

特に夜から早朝にかけて発生することが多い病気です。

狭心症のもともとの原因は多くの場合に動脈硬化。

その動脈硬化が高血圧によって起こったものならば、さらに動脈硬化が進まないように患者は血圧コントロールの努力をしなければなりません。

体重が増加傾向にある人は食事を制限し、タバコを吸う人は禁煙するなど生活習慣を見直しましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。