高血圧改善ガイド » 高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ

高血圧と切っても切れない関係の怖い病気まとめ

高血圧によって引き起こる合併症の病気を集めて分析してみました。

高血圧で怖いのはむしろ合併症!

高血圧は血圧が高くなる傾向がありますが、実はこれ自体には重い症状はありません。

高血圧で最も気をつけなければならないのは、血圧が上がることによる悪影響で動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤、腎硬化症、腎不全、脳卒中などの合併症を引き起こしてしまうことです。

高血圧を要因とする合併症は1つとは限らず、動脈硬化と狭心症が一緒に起こることもあれば、これに腎不全が加わるなど1度に複数の病気を患うことも少なくありません。

また、高血圧とこれらの合併症は強いで因果関係で結ばれており、高血圧になると合併症が、合併症に数えられる病気にかかると逆に高血圧になりやすくなったりもします。

高血圧治療ではいかに合併症を起こさないかが大切なポイント。

高血圧による合併症をよく知り、生活習慣の見直しや降圧剤の使用などを怠ることなく行なって、しっかりと血圧のコントロールをしましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。