高血圧改善ガイド » とにかくはやめに!高血圧の治療法 » 生活療法

生活療法

高血圧のための生活療法について、ストレス、睡眠、入浴の注意点をまとめてみました。

毎日の生活習慣を見直して高血圧を予防

高血圧は生活習慣が大きく関わっている疾患。そのため治療にも生活習慣を見直し、これを改善することで血圧を下げる生活療法が有効です。

生活療法では具体的にどういった行動や習慣を身に着けていったらいいのか、そのポイントをご紹介しましょう。

ストレスは避けること

人間はストレスを感じると血圧が上昇します。これは病院で医師に会っているときに血圧を測ると高血圧が見られる「白衣高血圧」と同じ原理で、緊張感が大きなストレスになっているためです。

毎日の生活でもまずは気持ちを切り替えて、マイペースにのんびりと過ごすように心がけましょう。

睡眠はたっぷり取ること

睡眠時間は人によって差が見られますが一般的には5~8時間程度が必要とされています。十分な睡眠が取れないと疲れもストレスもたまってしまうため高血圧の原因になりかねません。

なるべくたっぷりと眠るようにしましょう。

入浴は方法しだい

入浴すると体の温度が上がり血行が良くなるため血圧も下がります。

さらに疲労回復やストレス解消にもつながるため、シャワーだけで済ますことなくきちんと湯船に浸かるようにするのがおすすめ

ただし熱過ぎるお湯や長湯、寒い季節のお湯と大気の温度差に高血圧の人は要注意。高血圧の人の入浴方法としては、40℃ぐらいのぬるめのお湯で長湯はせず、寒い時期には脱衣所や浴室を温めてからお風呂に入るのが理想的です。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。