高血圧改善ガイド » とにかくはやめに!高血圧の治療法 » 運動療法

運動療法

高血圧の運動療法について、効果とおすすめの運動、そのポイントをまとめてみました。

運動療法というとすごく大変に聞こえてしまうかもしれませんが、今日からはじめられる簡単な運動も。

血圧だけでなく自身の健康のためにもぜひ参考にしてみてください。

運動療法が血圧にいい理由

高血圧の運動療法は主に血管を健康にする目的で行われます。

もっと細かく例を挙げると、運動することで末端の血管の抵抗を下げる、血液をサラサラにする、動脈の弾力を復活させて柔らかくする、といった運動不足による症状の改善を目指すものです。

ただし、高血圧の人が運動療法をする際は、必ず医師に相談してから決めましょう。

運動をすると一時的に血圧が上がってしまいます。適度な運動であれば血圧はすぐに下がりますが、あまり激しい運動をしてしまうと血圧が上がり過ぎて危険な事態を招きかねません。

高血圧の人におすすめの運動

高血圧の人が運動を行うのであれば、軽く息があがる程度の運動を長時間続けられる有酸素運動がおすすめ

有酸素運動には心肺機能の向上と動脈の病気のリスクを下げる効果があります。

運動量は決して無理することなく、基本的に1日1回30分程度が目安。最低でも週3回のペースを目標に続けたいところです。

すぐに始めたいのであれば、散歩がてらにウォーキングはいかがでしょうか。気分転換にもなり体への負担も軽く、どんな人でも行うことができます。

同じ意味で遠出したいときや休日の行楽にはサイクリングを、雨の日には家の中できるストレッチも高血圧の運動療法としてはうってつけ。

有酸素運動にも色々種類があるのでどれを選んでいいか迷う人もいると思いますが、長続きさせることを第一に考えて自分が好きなスポーツや気に入った運動をチョイスするのがポイントです。

辛い辛いと思いながら運動しているとストレスがたまってしまいます。ご夫婦や友人の方と一緒にスポーツを楽しむのも手かもしれませんね。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。