高血圧改善ガイド » とにかくはやめに!高血圧の治療法 » 降圧剤の種類

降圧剤の種類

血圧を下げるために用いられる降圧剤の種類と働きを一覧にしてまとめてみました。

覚えておきたい降圧剤の種類と働き

薬物治療では一番始めに使用する薬のことを「第一選択薬」と呼びます。

高血圧治療において第一選択薬として処方されることの多い薬剤について、その種類と働きを覚えておきましょう。

カルシウム(Ca)拮抗薬

血管の筋肉へのカルシウム流入を抑制し、血管を拡張して血液が通る量を増やすことで血圧を下げる薬。

副作用が比較的に少ないため狭心症を合併している人でも降圧治療薬として使用できます。

利尿薬

塩分(ナトリウム)を尿と一緒に排出するよう促し、血管の壁のナトリウム量を減らして血管を拡張させ血圧を下げます。

ただし量を増やしても効果は同じなので少量を服用し、他の薬と合わせて飲むケースがほとんど。。

重症の高血圧患者から軽症の患者まで幅広く使用できます。

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

血管を収縮させて血圧を上げるアンジオテンシンⅡが受容体に結合するのを阻害し、その作用を押さえて血管を拡げ、血圧を下げる薬です。

副作用が少ないと言われており、心臓や腎臓などの臓器を守る効果に優れた薬です。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE)

アンジオテンシンⅡを生産する酵素の働きを阻害し、血管を拡げて血圧を下げる薬。

臓器を保護します。

遮断薬α

血管にある交感神経、アルファ受容体を遮断。血管を広げることによって血圧を下げる薬です。

高血圧のほかにも、排尿障害の治療に用いることがあります。これのみで使うには、少々軽い作用の降圧薬。立ちくらみなどを起こしやすいという特徴があります。

遮断薬β

心臓にある交感神経、β受容体を遮断。心臓を休ませることで血圧を下げる薬です。

高血圧のほか、狭心症や頻脈性不整脈の治療にも用いられます。服用を急に中止すると、反発して症状が悪化してしまう場合があるようです。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。