高血圧改善ガイド » とにかくはやめに!高血圧の治療法 » 食事療法

食事療法

食事療法で気をつけたいポイントや外食時の注意点をまとめています。

高血圧の人におすすめのDASH食についてもリサーチ!

バランス良く食べたい高血圧の食事

食事療法というと辛いダイエット食のようなイメージがありますが、高血圧の食事療法はむしろ色々な物をバランス良く食べることに重きが置かれています。

基本的には血圧に良い栄養素を含む食べ物を選びつつ、同時に塩分や脂質や糖分といった高血圧を促すような成分を控えた食事が望ましいです。

特に日本人は塩分の摂り過ぎに注意したいところ。湿気の多い日本では昔から食べ物がいたみやすく、塩をたっぷりと使うことで保存をしてきた経緯もあり、今でも塩辛い味付けを好む傾向にあります。

尿として1度に排出できるナトリウム(塩分)の量には限界があって、それを上回った分は体内にたまることとなってしまうので注意しましょう。

食の欧米化による脂質の摂り過ぎやメタボリックシンドロームも問題視されています。

塩ではなくて「出汁」をきかせた料理を選ぶなど、ヘルシーな和食の中でも塩分の少ないメニューを選ぶようにしましょう。

外食のときに気をつけたいところ

楽しみや付き合いで外食をすることもときにはあると思いますが、外食メニューは一般的に味が濃く塩分の多い傾向が見られます。

家での食事に比べると食事の量の調節も難しく、残さず食べてしまうという人も多いのではないでしょうか。

高血圧の人が外食するのであれば、事前にそのお店のメニューを調べ、カロリーや塩分量を聞いておくことを推奨します。

また、何の予定もなく外食するときのために、自分がよく注文するメニューのカロリーや塩分量をメモしておくことも有効です。

同じメニューならカロリーや塩分量に大差なく食べることができるからです。もしも食べ過ぎてしまったときにも、そのあとの食事からちょっとずつカロリーや塩分量を減らして調整しましょう。

大切なのは食事療法が上手くいかないからと途中で諦めてしまうことです。

気持ちに余裕を持って、決して完璧を求めず、失敗したりミスしたりすることもあるのだという前提で続けましょう。

高血圧に良いDASH食とは?

DASH食は食事療法の1種で、もともとは高血圧患者のための食事対策としてアメリカで考えられたものです。

「Dietari Approach to Stop Hypertension」の略で、高血圧予防のため不足しがちな栄養素を摂り、余分な成分は減らしていこうという食事プランです。

具体的なDASH食のメニューは、脂肪の多い肉や塩分を減らし、できるだけ緑黄色野菜と果物を食べるようにするのが基本。

ただし、もともと和食は比較的にDASH食に近いため、あとは低脂肪の乳製品やナッツ類などをデザートにでも摂るようにすればそれだけでだいぶDASH食には近づきます。

このときもやはり塩分過多には気をつけて。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。