高血圧改善ガイド » こんなにある高血圧の理由 » 遺伝

遺伝

 

身内に高血圧患者がいた場合、遺伝してしまうのでしょうか。遺伝するとしたら発症の確率は?その発症率や気をつけたいポイントなどまとめてみました。

家族が高血圧で悩んでいるという方は、ぜひチェックしてみてください。

高血圧の種類と発症する確率

高血圧は「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分けることができます。

「一次性高血圧」は「本態性高血圧」とも呼ばれており、特に異常がなくても血圧が高い傾向が見られます。

一方の「二次性血高圧」は原因がはっきりしているもので、血圧の上昇を発生させている病気が治ると高血圧も改善します。

このうちの一次性高血圧には遺伝が関係していると考えられており、親が高血圧であるかどうかで子供の血圧が高い傾向になるかが判断できます。

  • 両親とも高血圧の場合…高血圧を発症する素因を子供が持つ確率は50~60%
  • 親のどちらかが高血圧の場合…高血圧を発症する素因を子供が持つ確率は25~35%
  • 両親のどちらも高血圧でない場合…高血圧を発症する素因を子供が持つ確率は10%未満

身内に高血圧患者がいる場合の対処法

身内に高血圧患者がいたとしても、あくまで「高血圧になりやすい遺伝因子を持っている」だけで、生活習慣などに気をつけてさえれいれば高血圧になることなく一生を送ることもできます。

自分が高血圧になりやすい体質とわかったときには、積極的に血圧を下げる努力をしましょう。

生活習慣が乱れているようなら食事は塩分やカロリーを控え、睡眠を十分に取るようにしなければなりません。

ついついクセになってしまっているタバコや、ついつい飲み過ぎてしまうお酒は控えめに。また、血圧を下げる効果のある成分が配合されたサプリメントなどを取り入れるのも手軽で効果的です。

高血圧を一旦発症してしまうと完治させるのはとても困難です。血圧をコントロールし、予防することが大切です。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。