高血圧改善ガイド » こんなにある高血圧の理由 » タバコ

タバコ

なぜタバコを吸うと高血圧になってしまのでしょうか。

タバコで血圧がどの程度上がり、高血圧の症状がどのぐらい続くか、さらに禁煙の方法などをお伝えします。

知らないと怖いタバコと高血圧の関係

タバコの煙にはニコチンと一酸化炭素が含まれていますが、これらが血圧を上げて動脈硬化を進めることがわかっています。

ニコチンが副腎を刺激すると血圧を上げるホルモンが分泌され、同時に交感神経系も興奮するために脈拍が増えてさらに高血圧になります。

具体的にはタバコ一服で最高血圧は通常の110から130mmHgへ。

最低血圧も通常の55から65mmHgへと移行。

脈拍では通常の60回から20回も増えて80回を数えます。

また、タバコに含まれる一酸化炭素によって血中の酸素不足も引き起こされるため、血管や心臓にますます負担がかかることになってしまうのです。

時間的な面からでは、タバコ1本で10~20㎜Hgほど上昇した血圧はそのまま15分ほど継続します。

つまり20本入りのタバコ1箱吸うことで5時間以上も高血圧の状態が続くことになるわけです。

喫煙者と非喫煙者を比較すると、血管が硬くなる割合も喫煙者の方が目立ちます。

そのため同じ高血圧患者でも喫煙者のほうが心筋梗塞など突然死の可能性が高く、発症率は2~3倍にも。

心筋梗塞だけでなく、脳硬塞やガン、不整脈といった病気のリスクも高まり、さらに脳卒中の危険性も増すのです。

 

禁煙して高血圧のリスクを減らすためには

喫煙するとニコチンが肺から血中を通じて脳へ到達、受容体に結合して快感を覚えます。

タバコに強い依存性があり、禁断症状が出てしまう原因はこのニコチンのせい。

禁断症状としては、イライラ集中力の欠如睡眠障害食欲増加憂鬱などさまざまな症状が現れます。

ニコチンには強い依存性があるため自分だけではなかなかタバコをやめられないという人もいると思いますが、その場合には禁煙指導をしてくれる医師や禁煙外来などに相談してみましょう。

その他、薬局薬店でも禁煙補助薬が販売されているので試してみるのもいいかもしれません。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。