高血圧改善ガイド » こんなにある高血圧の理由 » 飲酒

飲酒

お酒を飲み過ぎると高血圧になってしまう理由と、1日の目安量を解説します。 

ついつい飲み過ぎてしまって血圧が気になっているという方はぜひご参考に。

高血圧だと禁酒するにも一苦労

お酒は正常な血圧の人にとっては体に良い側面もあります。

糖分が高過ぎないものを適量を飲むと、血管が拡張されて血の巡りも良くなるためです。

また、アルコールは適量飲むとリラックスできストレスの解消にも役立ちます。

ただし、アルコールの飲み過ぎは高血圧を発症させ、中性脂肪の増加や動脈硬化を進行させる原因にもなるのでほどほどに!

特に高血圧患者の中にはお酒を毎日飲む傾向があるので要注意。

お酒を習慣的に飲む人はアルコールでストレス発散しているケースも多いため、禁酒すると高血圧の大敵であるストレスがたまってしまうことになります。

高血圧の症状が重い場合は医師からアルコール量について指導が入ることも少なくありません

医師と相談しつつアルコール量を減らしていくようにしましょう。

知っておきたいアルコールの適量

高血圧では、ビールはダメだけれど日本酒は良いといったお酒の種類で良し悪しの区別はありません。

いずれのお酒もエタノールに換算して考えられており、個人差はありますが、高血圧学会の報告によればアルコールの適量はで男性1日20~30mL(ビール大瓶1本程度。日本酒1合程度)だと言われています。

女性の場合は1日10~20mL(ビールショート缶1本程度)です。

百薬の長とも呼ばれるお酒は、確かに薬と同様に適量を飲まないと危険なものでもあるのです。

飲み過ぎに注意して楽しみながら飲みましょう。

お酒を飲むときには、食事の内容にも要注意。お酒を飲んでいるとついつい味の濃い、しょっぱいものを食べたくなってしまいますが、塩分のとりすぎは血圧に悪影響を及ぼします。

お酒を飲んだしめにカップラーメン…なんてもってのほかです。酒量にプラスして、おつまみの内容もぜひ工夫してみてください。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。