高血圧改善ガイド » こんなにある高血圧の理由 » 加齢

加齢

高血圧と加齢の関係について、なぜ年齢を重ねると高血圧になってしまうのか、その対策も紹介します。

比例している加齢と高血圧

若い頃に1度血圧を測定しただけで、「私の血圧は通常だから」とずっと思い込んでいたのに、最近になって血圧を測ってみたら数値が予想していたよりもずっと高かった……!!

そんな経験される方々が耐えません。

また、風邪だと思って医師に相談したら高血圧症だとわかってそのまま入院することに……なんてケースも少なからず聞こえてきます。

血圧は年齢を重ねるごとに上がっていくもので、加齢と高血圧は比例しています。

特に50代からは高血圧症が急激に増えるケースが多く、60代では約6割、70代で7割の人が高血圧を発症しているとのデータがあります。

若い頃に測った数値がいつまでも続いている可能性は少ないのです。血圧はこまめに測るようにしましょう。

年齢を重ねても高血圧にならないために

なぜ年齢を重ねると高血圧の患者数が増えるのか。一番に挙げられる理由は血管の老化です。

若い頃には柔らかく弾力に富んでいた血管も加齢によって硬く細くなっていく場合がほとんどです。

この硬く細い血管に血液を通すためには心臓から血液を勢いよく送り出さなくてはなりません。

結果的に血圧は上がり、高血圧を発症することになります。

さらにもう1つの要因が塩分の摂り過ぎです。若い頃からしょっぱい食事に慣れているとナトリウムにより血圧が上昇し、血管の老化も早まってしまいます。

高血圧にならないためにも若いうちから塩分の少ない食事に舌を慣らしておくようにしましょう。

血圧上昇に大きく寄与する食生活。塩分だけでなく、カロリーや栄養バランスのことも考えなければいけません。

…と聞くと、少し大変なように思えるかもしれませんが、今日からはじめられる工夫もあります。食生活に関するページをぜひチェックしてみてください。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。