高血圧改善ガイド » そもそも高血圧とは~知っておきたい基礎知識~ » リスクについて

リスクについて

高血圧を放置しておくとどうなってしまうのか、考えられるリスクについて解説します。

少し血圧が高いだけ…と放っておくと、知らず知らずの間に体がむしばまれている可能性が…。そんなことにならないためにも、正しい知識を身につけておきましょう。

高血圧で気づかないうちに血管がボロボロに!?

落ち込む男性

高血圧は自覚症状に気づきにくい疾患であるため、健康診断などで血圧の数値高くても大丈夫だと勘違いして症状を放っておく人が多数います。

高血圧が「サイレントキラー(静かな殺人者)」と呼ばれるのはそんな所以から。

気づいたときにはさまざまな高血圧合併症のリスクを背負っていることになるのです。

高血圧がもたらすリスクをきちんと把握しておきましょう。

動脈硬化

高血圧で最も深刻なのが動脈硬化の原因になることです。

動脈硬化とは血管が弾力を損ない、血管が狭くなる状態のこと。

高血圧によって血管に圧力が加えられ続けると、それに耐えるために動脈の血管の壁が厚くなって、血液の流れる「内腔」と呼ばれる場所が狭まってしまいます。

また、血管が傷つくことでコレステロールなどの脂質もたまりやすくなり、さらに内腔が狭くなる…という悪循環に陥ります。

結果、血圧はますます上昇。動脈硬化はさらに促進してしまいます。

動脈硬化が起こると血栓(血の塊)ができやすくなり、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞の引き金になったり、高血圧性網膜症、腎機能低下、腎不全などがゆっくり進行することになります。

血管の損傷

高血圧によって血管、特に大動脈が急に裂けるなどすると、脳出血やクモ膜下出血が突然発症してしまいます。

――こういった危険を避けるためにも、血圧を測定して高血圧だとわかった場合はすぐに治療や生活習慣の見直しをすることが大切

例え症状もなく健康な体のつもりでも、ただ自分で気づかないだけで、高血圧によって血管は少しずつもろくなっているかもしれないのです。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。