高血圧改善ガイド » そもそも高血圧とは~知っておきたい基礎知識~ » 高血圧の種類について

高血圧の種類について

高血圧の種類は大まかに分けて「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の2つがあります。それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

原因の種類によって分類される高血圧

それぞれの原因や対策について確かめてみましょう。

本態性高血圧

血圧を測る男性

色々な検査を行ったにも関わらず原因がはっきりと解明されない場合は「本態性高血圧」と診断されます。

「原因がはっきりしない」と聞くと珍しいことなのかと勘違いされるかもしれませんが実は高血圧患者の90%はこの「本態性高血圧」である場合がほとんど。

遺伝的な要因と生活習慣による要素が重なって起こるのが、「本態性高血圧」発症の引き金と考えられています。

もしも身内に高血圧の人がいた場合、血縁者は高血圧になりやすくなります。さらに生活習慣が加わることで発症の確率は上がってしまいます。

生活習慣による高血圧の要因も複数存在し、肥満、塩分やアルコールの摂り過ぎ、喫煙、ストレス、寒さなどが挙げられます。

「本態性高血圧」は、はっきりとした症状がなく見過ごされることも多いもの。

本人に自覚症状のないまま健康診断などで発見されるケースが目立ちます。

二次性高血圧

高齢になるほど患者数の増える「本態性高血圧」に対し、「二次性高血圧」は高血圧患者の10%未満ほどで中には若年層でもかかる人がいます。

「二次性高血圧」の原因ははっきりしており、主に4つに分類できます。

  • 腎性高血圧:腎臓機能に異常をきたし発症
  • 腎血管性高血圧:腎臓の血管に異常をきたし発症
  • 内分泌性高血圧:ホルモンの異常が原因
  • 大血管疾患による高血圧:大動脈や大動脈弁の異常が原因

また、「二次性高血圧」では、副腎ステロイドや経口避妊薬などの薬剤が原因となることもあります。

原因がはっきりしていることから、それを取り除くことで高血圧の改善が見込めます。

以上が2つの高血圧の種類ですが、自己判断は絶対にしてはいけません。血圧が気になる方は、必ず医師の診断に従うようにしましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。