高血圧改善ガイド » 高血圧改善でいちばん大切な食事の心得 » 塩分のこと

塩分のこと

高血圧の人が食事するときに特に気を付けたいのが塩分量。

高血圧と塩分の関係、減塩の必要性や目標数値をまとめてみました。

日本人は塩分摂り過ぎ!? 夏場の塩分にも用心

暴飲暴食する男性

実は高血圧と塩分(ナトリウム)の関係性はまだ十分に研究が進んではいません。

ただ、塩分を過剰に摂取すると体が血中の浸透圧を一定に保とうとして血液の水分が増加し、末梢血管の壁にかかる抵抗が高くなり血圧を上げるのだと考えられています。

現に食塩の摂取量が非常に少ない地域だと高血圧患者は少なく、加齢による血圧の上昇も目立たないことが知られています。

高血圧の治療において食塩制限が重要なのはそのため。

日本高血圧学会でも塩分の摂取は1日6g未満が推奨されています。

食塩の制限は何も高血圧患者だけでなく、血圧が正常値の人の高血圧予防にもとても有効です。

血圧は正常であっても高めの130-139/85-89mmHgという数値だと「正常高値血圧」と呼ばれ,循環器病を罹患するリスクが高く、高血圧にもなりやすくなります。

高血圧を発症する前に、こうした段階から食塩制限を含む生活習慣の改善が望ましいのです。

さらには糖尿病や慢性腎臓病を罹患している人は,例え正常血圧でも循環器病や腎不全への危険性が増します。

予防のために食塩制限が重要で、高血圧の患者同様の1日6g未満の減塩が推奨されています。

減塩の食事はツライ?

和食

「でも、減塩すると味が物足りなくなるのでは……」と懸念される方もいるかもしれませんが、減塩された食事は慣れるとさほど辛くはありません。

むしろ慣れると今まで口にしていた食品を食べたときにその塩辛さや味の濃さに驚くはずです。

こうしたことから大人になってからの高血圧を防ぐためにも子供の頃から食塩を制限した食事を摂取することがポイントになります。

日本人は塩分の摂取量が多い傾向にあり、高血圧患者ではない一般の男性で1日9g未満、女性の場合は7.5g未満が推奨されています。

しかし、これでも諸外国に比べるとまだまだ高いほう

欧米の場合、国によっては一般の人でも6g未満が推奨されており、WHO(世界保健機関)も減塩目標として5gが勧められています。

夏場の塩分も汗を大量にかいた場合に摂るようにし、摂り過ぎに注意してください。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。