高血圧改善ガイド » 高血圧改善でいちばん大切な食事の心得 » 栄養バランスのこと

栄養バランスのこと

高血圧の人が気をつけたい食事の栄養バランスについて。

バランスの取れた食事の摂り方や外食時の注意点などをまとめてみました。

がんばり過ぎずに長く続けること

男性

人間の体に必要なのが三大栄養素の「炭水化物」・「脂質」・「タンパク質」です。

しかしこれらは最も大切という意味の三大栄養素で、実際に人間が必要とする栄養はほかにもたくさん存在します

例えば上記の栄養素をエネルギーに変えるためにはビタミンやミネラルが要りますし、体内の老廃物を排泄するには食物繊維も重要になってきます。

ですから「バランスの良い食事」というのは、こういった全ての栄養素がまんべんなく必要な分量だけ摂取できている状態を指していることになります。

と、そうは言っても1度の食事で栄養バランスの完璧なメニューを維持し続けるのは、特に一般家庭ではたいへんなこと。

食事を作る側の負担も大きく、長続きさせるのは難しいでしょう。

そこで1度の食事ではなく、1日3回の食事を平均し、栄養バランスのとれたメニューを心がけるようにすると比較的に楽になります。

1度の食事で不足した栄養素があれば別の食事で補うようにし、1日のトータルで栄養バランスを考えます。

もしも外食が続くなどして栄養バランスが崩れたときにも、きちんとメニューをメモし、その後2~3日ぐらいかけてバランスを戻していきましょう。

少しぐらい栄養バランスが崩れてしまっても、あとから挽回できます。栄養バランスの良い食事は、諦めずに長く続けることがポイントです。

主食:主菜:副菜=3:1:2が理想的!

食事をする男性

優れた栄養バランスの食事を摂るためには、米やパンなどの主食と、副食となるおかずの量を同じにすることから始めましょう。

おかずのバランスは肉・魚・豆類などの主菜を1としたときに、野菜・海藻・キノコ類などの副菜を2とするのが理想的。

さらにはビタミンやミネラルの補給を考えて、果物や牛乳を1日1回摂るようにします。

特に高血圧患者の食事では副菜を必ず摂らなければなりません。高血圧の改善には野菜や果物を中心としたカリウムの多く含まれている食品を摂取する必要があるからです。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。