高血圧改善ガイド » こんな人はどうする?高血圧の注意点 » 妊婦さんの場合

妊婦さんの場合

妊娠している場合の高血圧の特徴と注意点について、妊婦が発症する妊娠高血圧症候群とはどんなものか、その対策についても解説します。

妊娠期間中にだけ発症する高血圧

妊娠前には何の症状などなかったのに、妊娠中期以降に入ってから母体に高血圧や蛋白尿、むくみなどが現れることをかつては妊娠中毒症と呼んでいました。

妊娠中毒症は母体や胎児に色々な障害を起こすことが多く、昔から産婦人科では一番注意してきた症状です。

ところが研究が進むとともに、この妊娠中毒症において母体や胎児に障害を与える原因が高血圧にあることがわかってきたのです。

つまり血圧が正常であれば蛋白尿やむくみがあったとしても母体や胎児に異常の起こる可能性は低下するのです。

そこで近年では高血圧を持つ妊婦についてはより注意深く見守る必要があると判断されるようになり、これまでの「妊娠中毒症」という病名を取りやめて「妊娠高血圧症候群」という名前で呼ぶようになりました。

具体的な定義では、次の2つのうちのいずれかが当てはまると「妊娠高血圧症候群」と判断されます。

  • 妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合
  • または、高血圧に蛋白尿を伴う場合

なお、高血圧の症状が見られず蛋白尿のみ現れる場合には「妊娠蛋白尿」と呼ばれ、むくみがあるときには「妊娠浮腫」という名前が使われています。

妊娠高血圧症候群の原因とは

実は妊娠高血圧症候群の原因は現在はっきりとしたものがわかっていません。

ただ、有力視されているのが妊娠初期の頃に胎盤の血管が正常とは違う作られ方をしてしまったというという説です。

人間の胎盤は特殊で、ほかの動物にない点があります。

胎盤は母体の子宮に密着し、細胞がその壁へと侵入する形で形成されていくわけですが、このときに子宮の血管の壁を一度破壊し、よりたくさんの血液が胎児に運ばれるように壁を作り直しているのです。

妊娠高血圧症候群の患者はこの血管の壁の作り直しが十分にできていない可能性があります。

その結果、胎盤を経由した酸素や栄養素の受け渡しが上手くいかなくて、母体は胎児の発育に必要な酸素や栄養素をもっと多く送ろうと血液を流し、高血圧が起こってしまうと考えられています。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。