高血圧改善ガイド » 血圧を下げる方法1 食べ物編 » たんぱく質

たんぱく質

たんぱく質が持つ高血圧への働きと、血圧を下げるために良いと言われる良質なたんぱく質を含んだ食品を紹介します。

たんぱく質と高血圧の関係

悩む女性

たんぱく質というと肉類に含まれるコレステロールや中性脂肪を連想し、高血圧の食事療法では控えたほうがいいと考える人も多いかもしれません。

確かにコレステロールや中性脂肪は血中の脂質濃度を高めてしまうため良くはないのですが、実はたんぱく質自体はむしろ血圧を下げるためには摂取したい栄養素なのです。

そもそもたんぱく質は三大栄養素の1つに数えらえており、体重の約5分の1を占めるなど人体にとって必要不可欠な成分。血液や血管や筋肉などを作る主要成分で、酵素などの生命維持に欠かせません。

特に高血圧患者の大半は動脈硬化によって血管が硬くボロボロになってしまっている状態です。

たんぱく質を摂取することで傷んだ血管を修復し、弾力性としなやかさを復活させることはとても重要なこと。

弾力性やしなやかさが増した血管なら、多少血圧が上がっても十分に持ちこたえてくれるでしょう。

また、たんぱく質には体内で使用されたナトリウムの排出促進効果があり、血圧を下げることにも一役買っています。

料理に摂り入れたい高たんぱく質な食品

たんぱく質を摂取するときに気を付けたいのが、肉類を食べ過ぎないという点。

悪玉コレステロールを増やしてしまう肉類ではなく、魚や大豆、卵や牛乳といった良質のたんぱく質が摂取できる食品を多くするように心がけましょう。

100gあたりのたんぱく質量が多い食品を紹介します。

100gあたりのたんぱく質量が多い食品

  • たたみいわし 75.1g
  • 干しえび 48.6
  • 凍り豆腐 49.4g
  • 焼きのり 41.4g
  • きな粉 35.5g
  • 落花生 26.5g
  • 鶏ささ身 24.6g
  • プロセスチーズ 22.7g

こうしてみると意外な食品が高たんぱく質であったり、肉類の中でもヘルシーな鶏ささ身などにたんぱく質が多く含まれていることがわかります。

高血圧を抱えている人だけでなく、予防のためにもこれらの食品を料理に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。