高血圧改善ガイド » 血圧を下げる方法1 食べ物編 » カリウム

カリウム

血圧を下げるために役立つカリウムについて、高血圧への働きと成分が含まれている食べ物をまとめてみました。

減塩をサポートするカリウムの働き

和食

カリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を排出してくれるという高血圧の人には欠かせない成分です。

カリウムは細胞の中にあり、ナトリウムは細胞の外に多く含まれていて、人体はこのバランスを保とうと細胞膜を通してカリウムは摂り入れられ、ナトリウムを押し出しています。

しかし、ナトリウム量が過剰になるとこの細胞の中にもナトリウムが入ってきてしまい、体はナトリウムの濃度を薄めようと水分を体外に排出させまいとしたり、水分を補給させて体液量が増やそうとします。

すると体内の水分が増えることで血管内の圧力も高まり、結果的に高血圧に…。

このときカリウムが十分に体内に備わっていれば細胞膜からカリウムは細胞の中に、ナトリウムは外に排出されますので、高血圧の人はカリウムの摂取を心がけることで食事療法の際の減塩のサポートになります。

カリウムは摂取方法にも工夫を

減塩に有効なカリウムですが、腎臓疾患のあるがカリウムを過剰に摂取すると「高カリウム血症」になる場合があり、逆に血圧の上昇を招くことがあるため注意しましょう。

100gあたりのカリウム量が多い食品

  • 乾燥ワカメ 5,200mg
  • きな粉 1,900mg
  • アーモンド 770mg
  • アボカド 720mg
  • ほうれん草 690mg
  • 芽キャベツ 610m
  • 枝豆 590mg
  • さつまいも 470mg
  • 春菊 460mg
  • じゃがいも 410mg

上記のようにカリウムを豊富に含む食品はたくさんありますが、知っておいてもらいたいことが1つあります。それはこの成分が水に溶けやすく、煮たり茹でたりしてしまうとカリウムが溶け出してしまうということ。

カリウムを含む食品

煮たり茹でたりせずに食べるのが一番なのですが、生のまま食べるときドレッシングやマヨネーズなどカロリーも塩分も高い調味料を使うとせっかくの食事療法もだいなしですよね。

そこでおすすめなのがバナナ(100gあたりのカリウム量360mg)、牛乳(100gあたりのカリウム量150mg)、リンゴ(100gあたりのカリウム量110mg)など、さほどカリウム量は高くなくても生のまま食べられる果物や乳製品です。

成分を豊富に含んでいる食品なら何でも良いとは限りません。料理法との相性など、高血圧の食事療法には食品に対する知識も必要となります。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。