高血圧改善ガイド » 血圧を下げる方法2 飲み物編 » コーヒー

コーヒー

コーヒーは高血圧に良いのか悪いのか!?高血圧への働きと1日の摂取目安量、これまでの実験の結果など情報をまとめてみました。

本当は体に良いこともある!?コーヒー

現在の日本人は毎食後の締めの飲み物はコーヒーだという方が多いのではないでしょうか。

ただ、コーヒーはカフェインが入っていて不健康、飲み過ぎると高血圧にも悪いというイメージが持たれていて、健康維持を目的とする人たちからは敬遠されている存在であるとも言えます。

確かに少し前にはコーヒーの飲みすぎは高血圧症につながると思われていました。

カフェインには心臓に直接働きかけ血圧を上昇させる作用があるからです。

ですからカフェインを含むコーヒーも高血圧症を誘因するものと考えられてきたのですが、しかし現在では逆にコーヒーを飲んだ方が高血圧症のリスクが下がるという研究結果が報告されています。

高血圧とコーヒーの関係

アメリカの例を紹介しましょう。

とある施設で高血圧症である女性およそ3万人に対し、12年間コーヒーの摂取と高血圧症の関係を調べた研究が行われました。

するとコーヒーが高血圧症に悪影響を与えるという事実がなかったばかりか、むしろ高血圧症になるリスクが下がるという結果が得られたんです。

同じく日本でもコーヒーと高血圧症の関係を調査した研究が行われました。

それは飲酒習慣のある20~79歳の男性を数グループに分け、コーヒーと高血圧症の関連性について検証されたものでした。

コーヒーを全く飲まなかったグループと比較して、愛飲する習慣を持ったグループの方が高血圧の人の割合が少ないという結果が出たのです。

こんな風にコーヒーには体に良い部分もあります。

ただし、量をたくさん飲めば良いというわけではありません。適量を考えて無理のない程度に飲むようにしてください。

カフェインや糖分を過剰に摂取することには、リスクもあります。1日の目安をカップ1~2杯程度に心がけて楽しむようにしましょう。

【注目記事】高血圧には“酵素”が良いってホント?

ページの先頭へ▲

―免責事項―
このサイトに掲載している内容は、個人が独自に情報を収集しまとめたものです。
ここで紹介している高血圧の改善方法は、血圧低下を保証するものではありませんのでご了承ください。